中3の夏から偏差値を10以上あげる方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)があるか?と問われたら、それは誰にも判りないのです。もし、手軽に偏差値(テストの難易度に左右されずに受験者全体の中での自分の能力を測ることができる方法でしょう)をあげられるような方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)があるのであれば、みんな天才だといえますね。また、その中3の夏時点の偏差値(大学や高校の難易度は偏差値ランキングなどで知ることができるでしょう)が40代であるのか、それとも、55以上もあるのかでも、かなり違ってきますよね。偏差値(平均値が50、基準偏差が10になるように規格化されている無次元?です)が四十代の方であるなら、夏から頑張れば公立高校を受験する頃までに偏差値(学力偏差値の略称として使われることが多いですが、知能偏差値などもあります)を10以上あげる事は簡単だと言えるでしょう。でも、その時点で55以上もあるのであれね、そこから10以上あげる事は無謀と言っていいですよね。ただ、私達は「偏差値(絶対的なものではなく、テストの問題によっては偏差値が100を超えてしまうこともあるのだとか)」と気軽にいっているみたいですが、実際に偏差値(絶対的なものではなく、テストの問題によっては偏差値が100を超えてしまうこともあるのだとか)は試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)を受けるたびに変動するなのですよ。なので、いくら勉強しても偏差値(入試の際には難易度や学力を表わすのに使われたりしますね)が全くあがらないという場合には、まず、自分はどういった問題が得意で、どんな問題が苦手なのかと言う事もを正しく把握する場合が大切なんです。例えば、文章(読む能力と書く能力は全く違うなんていいます)問題や証明問題が苦手であるのなら、なぜ文章(わざわざ学ぶ方もいるくらい必要とされるスキルですね)問題や証明問題が不得意なのかを分析してみる必要があると言われています。さらに、文章(ちょっとした一文でも、その人の個性とセンスが出るものです)問題が不得意な場合でも、このパターンの問題は解けるけれど、このパターンの問題には時間が必要なという、細かい分析も重要のだそうです。漠然と問題集(どんな問題でも解けねいいというものではないので、口コミなどを調べて評判のいいものの中から選びましょう)を解くだけの勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)であれば、いかに時間をかけてまなんでも、偏差値(絶対的なものではなく、テストの問題によっては偏差値が100を超えてしまうこともあるのだとか)をあげる事は困難なものです。自分が苦手とする分野を冷静に突き詰めて判断し、その苦手を克服するからこそ、偏差値(偏差値だけで学力は語れませんが、受験の際の目安にはなるでしょう)は上がっていくと言う事もを覚えておきましょうー